RAPIRO, Raspberry Pi, 電子工作

前回まででJuliusの動作確認まではしたので、続いてJuliusをサーバモードで起動させます。

といっても、これについては、前回作成した設定ファイル”rapiro.conf”に一行追加するだけです ...